スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドルストレートの下落。


クロス円の動きを見ていると単なるレンジ相場に見えるが、
明確に起きていることは、
「ドルストレートの下落」だ。

特に顕著なのはユーロ/ドルの下落。
おそらく1.40割れまでいく。

一昨年に見られた円キャリートレードの巻き返しによる大幅な円高現象。
それが昨年末・今年はドルキャリートレードの巻き返しとなっている。

キャリートレードなんていっても、
基本的に金利の低い通貨を売って金利の高い通貨で運用するという
国際間では極めて当たり前の行動が起きているだけ。

金利に注目すれば納得の動きだ。
米国債価格の下落により、米長期金利が上昇している。
この流れから、世の中は米ドルの金利上昇が近いと踏んで、
ドルを売り始めたのだろう。
金利差があればあるほどキャリートレードの巻き返しは大きく、
高金利通貨の豪ドルなどは下落度合いが大きい。
米ドル同様にほぼゼロ金利政策の円は比較的動きが少ない。
動きの大きさは金利差と比例しているように見える。

通貨をトレードするFX、
FXをやるにはやはり金利に着目すべきだというのが
改めて認識される現象だ。
スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

FXはシンプルなサインでトレードするのが勝てる。

日々、チャートとにらめっこしているけれども、
なんだかんだいってFXは
シンプルなテクニカルサインに従ってトレードするのが勝てる。

最近はFX会社各社の提供サイン情報がかなり充実していて、
たとえばセントラル短資FXで口座開設後に無料で見れる、
「FXライブ!」の移動平均のサイン。
ここで売、買と簡単なサインが見れるんだけども
このシンプルなサインがなんとも当たる。
見たことが無い人は口座開設だけなら無料なので
開設してぜひ1度眺めてみるといい。
あれやこれやいろいろ考えるより、
これに従ってトレードしてるほうがよっぽど当たる、
というのがよくわかると思う。


≪セントラル短資FX≫新規取引で最大10,000円キャッシュバック!


テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

ポンド円トレーダー必見のFX口座!


値動きの良さから、
デイトレーダーの中ではポンド円が得意な方もいるでしょう。
ポンド円をトレードするのに僕が最適だと思うFX会社が、

FX ZERO

です。

このFX ZERO、"業界最狭スプレッド"を謳い文句にしていて、
そういうだけあってダテじゃない。
なんとポンド円のスプレッドが"0円~"なんです。
これは衝撃。

そしてそして、
そのFX ZEROがポンド円トレーダーにとって嬉しいことに、
ポンド円に特化したレポート、
「ポンド/円 Weekly Digest」
を配信スタートするとのこと。

業界最狭スプレッド、
そしてポンド円特化レポート、
これは、ポンド円をトレードするなら
この会社で決まりですね。

短期売買向けNo.1を目指す“FX ZERO”


テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

じりじり円高。方向性確定の模様。


先週の米雇用統計が予想に反して大幅な悪化を見せたことにより、
今月の相場の方向性は決まったようだ。

雇用統計後、日々じりじりと円高が進んでいる。
昨年も1月は円高になる傾向があった。

この「じりじり」な動きは大きな動きの予兆。

売りが少しずつ膨らみ、売り買い交錯しながら
じりじりと円高方向へ進む。
この間、じりじりと売りポジションが積み重なっている。
そしてじりじりと進み、
あるポイントで損切りの売りを巻き込んでドカンと下がる。
これをセリング・クライマックスと呼ぶが、
どうやら大きな下落がありそうな動きになっている。

ドル円90円割れぐらいでドカンと来るだろう。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

管ショックにて急激に円安へ・・・笑


本当に民主党政権になってから、
個人投資家としては相場が荒れて困る、と思うのは僕だけだろうか。

藤井財務大臣も「口が軽すぎる」と評判だった。
彼の爆弾発言で相場が乱高下することもしばしば。

そしてその藤井さんから引き継いだ管財務大臣。

これがまた、就任演説からもう衝撃。

一国の財務大臣が「1ドル95円ぐらいまで円安だといい」とか、
具体的な為替の発言をするというのは本当にありえない。
聞いたことがない。
当然市場はあまりの衝撃に急反応。
そのレートの動き方を実際にリアルタイムで見ていたがすさまじかった。
ドル円はじめ、クロス円がものの数秒で一気に円安へレートが飛んだ。
その後も乱高下が続き、ニューヨークタイムになっても円安の動きが続いている。

たぶん、「95円ぐらいがいい」との発言を受け、
ドル円は素直に95円を狙って動くと思われる。
マーケットって、そういうものですよね。
意識したレートには必ず到達するものです。

今日の管ショックにより、クロス円はしばらく円安方向へ動くことは堅いだろう。
しかし・・・気になるのはなんせ民主党の管さんなだけに、
明日になったら急に発言を撤回したり意見を変えたりしないかが心配だ。
もしそんなことがあればまた、急激な円高方向への動きが見られることだろう。
藤井さんに引き続き、今後も日本の財務大臣が公式に発言する場というのは
世界の投機筋が注目するに違いない。
爆弾発言を狙って利益を狩りにくるだろう。
管財務大臣の発言には過敏にマーケットが反応する、という
奇妙な現象が今後発生することは想像に難くない。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

年明けクロス円はなかなか荒れ模様。


荒れ模様というほど読めないわけでもないけども、
年明け3日間(1/4~6)のクロス円相場は値動きが大きくなっている。

年末クロス円全面高の動きに対し、
年明け1/4、5は反落の動き。
そして1/6は一転して急反発、上昇の動きとなった。
おそらく今週はこの反発の流れを受け、クロス円は上昇方向へ向かうだろう。

ここで注目しておきたいポイントが、
年明け3日間でのユーロ/ドル、ポンド/ドルの静けさだ。
年末ガンガン下がっていたドルストレートの動きがここにきてとても静か。
年明け3日間は、ドルストレートが動いていないために、
ドル円の上下の動きに合わせてクロス円が上下していて、
ドル円と他クロス円の動きの相関が非常に強くなっている。
これは、昨年秋のドル売り、年末12月のドル買いの動きの後、
ドルがどちらに動くか迷っている動きだということがよくわかる。
ドル安が再燃するのか、いやいやまだドル買いか。

まだしばらくこのドルストレートの動きの迷いは続きそうで、
今週末8日に米雇用統計の一通りの発表後、
方向性を決めることになりそうだ。
米雇用統計の動向により、米金利動向が変わり、
短期的には市場はこのように反応する。

 米雇用統計改善 → 金利上昇期待 → ドル買い
 米雇用統計悪化 → 金利下落期待 → ドル売り

個人的には、ドル売りの再燃方向ではないかと推測する。
来週以降は、ユーロ/ドル、ポンド/ドルの買いがいいのではないだろうか。
ただFXで大事なのは予想を当てることではなく、
じっくり様子を見て発生したトレンドに乗ること。
この年明け相場、動向をよく見極め、落ち着いてトレードしていきたい。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

年明け相場、ドル円はどっちへ動く?


12月に日足上の一目均衡表の雲を上抜けし、
93円まで一気に駆け上がったドル円。

年明けはどう動くでしょうか。

たぶん、もうちょっと上昇余地があると思います。
最初の週はじりじりと94~95円ぐらいまでいきそう。

ただ、昨年1月には急落があったという事実が傾向とみなされる為、
今年の1月も円高方向への急落には要注意。
8日に米雇用統計が控えているのでその前後の動きに注意

4~7日にいったん調整の反落し、
8日に米雇用統計発表後に上昇、というシナリオも考えられなくも無い。

慎重に挑みたいところ。
まず、4日の動きに注目。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

さて、年明け相場。様子見はまず1000通貨で。


さて、明日から年明け相場スタート。

過去数年間の、年末→年明けの相場を見てみたところ、
年明けは年末の動きを継続して動くことが多いようだ。
そして2,3日すると反対の動きを見せる。

いずれにしても、年明け相場はいったん様子見がいいだろう。

初日は様子見に徹し、発生した動きに乗る、という戦略がいい。
まず一日様子を見れば、時間ごとの動きや方向性など、
何かしら戦略が必ず見えてくる。

ここで問題なのが人間の欲との戦い。
FX中毒気味になってくると、なかなかまったくエントリーしないというのが難しい。
そしてはっきり方向性が見えないまま損失を出してしまう。

そういう、ノーポジションでガマンできないFX中毒気味な
個人投資家にオススメしたいのが1000通貨単位での取引。
1000通貨でも、エントリーしているとそれなりに満足する。
小さい単位で低リスクで遊び、方向性が見えたところで
1万通貨単位でエントリーする、というのがいい。
投資は人間の欲望との戦いである。

1000通貨単位は、使い始めてみると本当に便利なので
まだ1000通貨単位口座を持っていない人は
開設して口座を持っておくといい。

1000通貨単位トレードが出来るメジャーなところでは、
FXプライムか、セゾン外貨FXがある。

1000通貨単位は、これからFXを始める初心者はもちろん、
ベテランが様子見や自信の無い場面で使えるなど、利用用途は広い。
1万通貨単位以上の口座しか持っていないのと比べ、
トレードの選択肢、自由度が爆発的に広がるので
1000通貨単位の口座はぜひ持っておいたほうがいい。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

2010年。FXが稼げるのは今年が最後!?今ならまだ間に合う!


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

「FXで荒稼ぎできるのは今年で最後」になります。

何が起こるかというと、いよいよ今年から
金融庁によるFX規制が本格的に始まります。

完全信託保全化が始まり、
ロスカットルールの整備・遵守、レバレッジ規制も始まります。

完全信託保全化やロスカットルールの整備は
悪質な業者を追い出すために当然の規制ですが、
ポイントなのはレバレッジ規制。

FXでの荒稼ぎの源泉になっていたのがハイレバレッジの許容。
100倍や200倍のレバレッジがかけられる為に、
小額資金で莫大な利益を稼ぎ出せる投資手法となっていた。

そのレバレッジに規制がかかり、
今年8月には50倍、一年後には25倍が限度と規制される。

FX業界の健全化につながる望ましい規制として賛成だが、
FXの「裏技」的な利益稼ぎは今年で最後となる。

8月までの間に、稼げるだけ稼いでおくのがいいだろう。

2010年は、これらのFX規制に全て当然のように対応しているFX会社で
健全化されたFXで利益形成していきましょう。

FX規制が叫ばれる前から規制項目に当然のように
対応していた信頼出来る会社は彼ら。

信用と実績のセントラル短資FX

■人気のFX取引!信頼の伊藤忠グループ・FXプライム■

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

フリーエリア


【注意】
当ブログは素人が趣味として作成しているサイトです。
FXはリスクを伴う投資であり、投資判断は各個人の自己責任でお願いいたします。
検索フォーム
カテゴリ
人気ブログランキング
もしよろしければ
このバナーをクリックして頂けると
人気ブログランキングでの
このブログの順位が上がります。
応援お願いいたします。
(1日1回だけ有効)
プロフィール

straightcastle

Author:straightcastle
29歳のフツーのサラリーマン。
30歳になる時にひと財産を築きたいと、真剣にFXをスタート!

過去にはFXで大きく損失を出したこともあり、その反省から「リスク管理」を最重要項目として控えめにFXに取り組んでいます。

真面目な資産運用としてのFX、皆さん一緒に頑張りましょう!!

なお、当ブログはイチ個人の趣味サイトです。
FXはリスクを伴う投資です。
投資判断は自己責任でお願いします。

RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
お便りはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。